バイトの後輩とスク水H

相手は19歳大学生、見た目はAKBの峯岸みなみ似(以下みなみ)
俺は21歳大学生で、バイト先でみなみと出会った。
(当時お互いに彼氏彼女有り)
帰り方向同じだったんで一緒に帰るようになって帰り道に食事したり、バイトまで一緒に漫喫で時間潰すような仲に。
ある日漫喫の個室で過ごしてる時に彼氏のこと聞いてみた。

俺「ねえ?」
み「何ですか?」
俺「彼氏どんな人?」
み「今28の社会人です。遠距離なんですけど。」
(結構歳が離れてる事に驚きつつ)
遠距離恋愛中
俺「へー…結構歳離れてんね…そんなんどうやって知り合うの?モバゲとか?」
み「いや、JKん時のバイトです。モバゲってヤリ目の人しかいませんもん。」
俺「(マジか!上手くやったな彼氏!そんな歳離れた女をこの犯罪者!)
み「で、アタシが大学入ってすぐに転勤決まっちゃったんですよね~(みなみは大学2年生)」
俺「そか、寂しくない?」
み「時々。それに彼氏最近あんまり電話くれないんですよ~。電話してもすぐに切っちゃうし」
俺「うんうん」
み「仕事が忙しいとかって言ってるけど電話する暇はあると思いません?」

俺「まあ時間は作ってほしいよね」
み「それに久しぶりに会っても簡単なHしかしなくなったし…」
俺「(いきなり下ネタかよ!)どゆこと?」
み「前はその…彼氏の言う通り色んなカッコでしてたのに…がんばってたのに…今はアタシが口でしてあげるだけとか…」
俺「(コイツいきなり何言ってんだ…)うん、どんな事してたの?」
み「…あの、彼氏軽くロリコンだと思うんですけど…制服とか授業で使ってる水着とか着るように言われたり…下着もTバックとか…」
俺「(そりゃアンタ軽くじゃなくてガチロリですがな!)
そっかぁ…そんなん好きな人多いもんな(俺含む)」

すでにこの段階で半勃起。

個室であるのをいいことに(勝手に)エロモードに。

俺「ねえねえ?」
み「はい?」
俺「今もかわいい下着つけてんの?」
み「いや、普通ですよ?」
俺「普通って?」
み「いや、普通って普通です」
俺「わかんない」
み「いや…普通の上下で」
俺「ん~どんなの?」
み「あの…」

この時点でみなみもエロい空気を感じとったらしく軽く逃げ気味

俺「大丈夫大丈夫、じっとしてて」
(この時のみなみの格好:サマーセーターに七分丈デニム)
み「や…」
軽く覆いかぶさってセーターの裾を持ち上げると白地に黒水玉のブラが…
俺「かわいいじゃん★」
み「……」
色白で大きさはDカップぐらい?形の良い胸をマジマジと眺める
み「あの…」
俺「何?今忙しいんだけど」
み「(笑)待って!マッテ!おかしいから!」
みなみの言うことを無視して手を胸に。

俺「ねぇ…乳首見ていい?」み「…ちょっと」
口では反抗的に言いながら、みなみの腕には力が入ってない。恥ずかしそうに顔を背ける表情がエロい。
そのまま左胸のブラを半分浮かせると白い胸の上にピンク色の乳首が見えた。
俺「おっぱいかわいい★」
み「………」抵抗を諦めたのか力を抜いてなすがままのみなみ。ソファーに座ったままのみなみの上に跨がって軽く抱きしめる。
みなみの肩に顎を乗っけた状態だと、デニムの隙間から…おしりも見えるんじゃ?
それに気付いて抱きしめたまま背筋に指を這わせる。
み「ん…」そのままニ、三回ゆっくり背筋に右手を這わせる
み「んん…」声を出さないように我慢したみなみの鼻息が首筋にかかる。

我慢してる様子が可愛くて余計にアレが硬くなる。みなみも多分気付いてるはず。そして右手をそのままデニムのベルトループにかける。
俺「今度はパンツ見るよ?」み「…んぅ~」
恥ずかしいのか言葉にならないみなみ。
この時点で確信したけど、みなみってM。強引に来られると断りきれないし強引に扱われたいタイプ。
デニムを引っ張り、その隙間から中を見るとブラと同じ柄のパンツが。み「や…」
構わず引っ張り続けるとヒップラインがあらわになる。俺「Tバックじゃないじゃん?」み「だって…」
恥ずかしがった顔にSっ気が目を覚まして止まらなくなりそうになったその時…
「アハハハハハ!ウケる~!」
突然ギャルが個室の扉の前を横切り、その大きな声で急に我に戻った二人。
俺「あの…そろそろ出る?」
み「…はい(照)」

そして、数日後。みなみとメールのやりとりの流れから…
『じゃあ家に泊まりに来ます?』…キタ。
この前のちょいエロい流れを踏まえて女から誘うってこたぁ…
キタね。わかって誘ってるね?
期待に胸を膨らませてお泊りセットの中に秘密兵器を忍ばせて家を出ました。
(俺はAVマニアです。色んな秘密兵器を持ってます。この後エチーの時に男優みたいなセリフ吐きますが仕様です。)
-PM7:00頃-
ピンポ~ン♪ガチャ…
み「は~い」俺「来たよ~」み「どうぞ~♪」
玄関すぐにキッチン、扉があって奥にベッドやらがあるオーソドックスなワンルーム。
みなみのお父さんは毎日朝早く起きて働いて、この部屋の家賃仕送りしてんだろうな…
そんな部屋に上がりこんで俺は…パパありがとう!
みなみは俺が大切に○○します!

みなみ父に感謝の念を抱きつつ部屋に上がります。今日のみなみはデニム生地のミニスカにTシャツ。可愛い。
Tシャツが薄くブラ透けしてかなりポイント高。荷物を置いてクッションに腰掛けて、みなみが近寄ってきたその瞬間…

ギュッ…とね

み「え?え?え?」いきなり力強く抱きしめられたみなみは状況を理解できてない様子。
驚きのあまり身動きできないみなみを構わずそのまま抱きしめる。
み「あ、あの…」俺「…黙って」無言でみなみを見つめる
俺「…眼、とじて」
覚悟を決めたのか静かに目を閉じるみなみ。脈が早くなっているのが伝わってくる。
抱きしめられて顔を真っ赤にしたみなみとキス。唇を軽く合わせて柔らかさを楽しんだ後、両手でみなみの顔を包んで唇を押し当てる

1Page 2Page 3Page

Dirty by the Dozen 1
Dirty by the Dozen1
エンジェルブレイド 3
エンジェルブレイド3
狂気
狂気
特別授業 1
特別授業1
自宅ハーレム化マジック 自宅ハーレム化マジック~好きな場所へ女の子を誘き寄せる
ハーレム状態を作るために一歩も家から出ていない事が最大のポイント。まだ一回も会ったことのない女の子ですら「逢いたい」「抱かれたい」という気持ちにさせてしまう甘い罠。もちろんリアルな出会いに応用できてしまうのも自宅ハーレム化マジックの凄いところ...[続きを読む]
初回の指名で風俗嬢を本番に持ち込みプライベートでもセックスしまくれる~風俗嬢強制依存テクニック~ 初回の指名で風俗嬢を本番に持ち込みプライベートでもセックスしまくれる
昨今の風俗嬢は昔とは比べ物にならないほどレベルが高くなってます。同じ学校にいても絶対に手が届かなかった美人レベルが働いているのが現状です。そんなスタイルも良くて可愛い風俗嬢と素股だけでイイんですか?本番したくありませんか?プライベートでハメまくり...[続きを読む]
映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ
日本男子は元来恥ずかしがり屋です。可愛い子が目の前にいても気軽に喋りかけるなんて無理!だけどそんな事をしているうちに、美人や可愛い娘は他の男に持って行かれます。分かっているけど何も出来ない。そんな日本男子が読んで欲しい!聞いて欲しい!口説きの...[続きを読む]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ