シコタンと姉 第4章 いざ決戦でござる編

「飛行機の到着が○時、新幹線で△△駅に着くのが16時くらいかな、よろしくね」
母親のそんな言葉を受けて、△△駅へとやってきた俺
そう、アイツが帰ってくるのだ
学校代表でなんたら大使に任命され某オセアニアの姉妹都市へと旅立って10日あまり
各校男女1名ずつだとは聞いていた、それっぽい集団を改札口付近で見つける
そう、もうすぐアイツと会えるのだ
本当であれば両親が迎えに来るはずだった
仕事の都合で迎えに行けなくなった、とTELがきたのがほんの1時間前
代わりに俺がここにいる、面倒くさいという顔をしてはいるが内心ドキドキ
長身、一際目立つ栗色の髪、周囲の高校生とは明らかに異様な女が階段を昇ってきた
そう、アイツが俺の姉なのだ

周りと較べて異様なのは、ルックスが整っているからとかそんなんじゃない
俺の姉だけ荷物を持っていないのだ
(ちょ、おま、手ブラで海外かよっ!)
と、遠くからツッこみを入れた直後にその理由が判明する
姉の後ろから背の高いイケメン高校生が登場、2人分の荷物を持っている
姉もデカイがそれ以上に俺もデカイ、が彼のほうが俺よりデカイかな
日焼けした肌に白い歯、軽々と荷物を持ち運ぶ様子は筋骨隆々といったイメージ
持っているのが姉の荷物であろうことは簡単に想像できた
イジメられっこが皆の荷物を背負わされているのとはワケが違う、ただならぬ雰囲気
俺のスカウターが奴の戦闘力を計測・・・110000・・120000・・BOMB!・・・なんだとっ!?

それもそのはず、イケメン野郎はこの辺じゃ知らないものがいないくらいの有名人
甲子園は惜しくも逃したものの、MAX150キロの直球はプロも注目する逸材との噂
甘いルックスも手伝い超人気の某高校のエースピッチャーなのである
親しげに会話を交わしながら改札口を出てくる男女、なんかお似合いのカポー
周囲の皆も違和感なくその様子を見ているのが腹立たしい
俺がフリーザ様なら真っ先にザーボンさんとドドリアさんに抹殺指令を下す
おい姉と一緒に代表に選ばれた同じ高校の男子、そこのメガネ、なに疲れ切った
表情してやがる、このヤムチャ!!!(仮名)
せめて荷物持っているのがオマエなら俺はこんなに怒りを覚えていなかったはず
ああ超サイヤ人になっちゃうよ、純粋な怒りが沸いてきたよ、また姉パンツに矛先が・・・(ry
彼氏なのか?
引率の先生?らしき人の元に一旦集まり、そして解散した模様
思わず柱の影に身を隠す俺、ピッコロさん、俺上手に気配消せてますか?
姉の後ろ姿を黙って見送る、隣にはまだダルビッシュ(仮名)、ヤムチャはもういない

こんなはずじゃなかった
「あーシコタン、迎えに来てくれたんだー」
嬉しそうに駆け寄る姉、そして荷物を面倒くさそうに受け取るのが俺のはずだった
恐らくあの様子じゃ、両親は代わりに俺が迎えに行くとは伝えてないのだろう
いや、俺がメールで伝えていれば良かっただけの話なんだが、なんとなくコッソリ
迎えに来たかったんだ
いつもだらしのないジャージ姿の俺なのに、けっこうお洒落な格好までしてきたのが
ますます虚しい

一体何しに来たのかと自問しながら駅の入り口付近にある喫煙所へ向かう
覚えたてのタバコに火をつけ、ケムリを一気に吐き出す、不味いったらありゃしない
「すいません、火ぃ貸してもらえますか?」
振り向くとそこにはヤムチャ、おまえ制服姿じゃん、そんなとこだけ戦闘力高けぇなオイ
込み上げる笑いを抑えながらライターに着火、ヤムチャが堂に入った仕草で紫煙を
くゆらせる
「サンキューです」
さすが、なんとか大使に任命されて帰国しただけのことはある、英語喋りやがった
「サンキュー」に「です」を付けるあたりに、ヤムチャの人柄の良さを感じた
ほんの少しだけイライラが解消された気がした

数分後、なぜか吉野家で牛丼食っていた

隣にダルビッシュ
その隣にヤムチャ
そのまた隣にシコタン
詳しい経緯は省くが、なんぞこれw

「ここは俺が御馳走するよ」とダルビッシュ
「ダル君はもうすぐ契約金とかでお金持ちになっちゃうのかな」とヤムチャ、黙れ
財布から乱暴に二千円を取り出し渡す俺
それから奪い取るように姉の荷物を背負い店を後にする
姉も素直に俺を追いかけてきた

「お釣り、お釣りぃー」とヤムチャも追いかけてきた
やっぱりヤムチャの人柄の良さを感じた
またほんの少しだけイライラが解消された気がした
「アドレス交換しようよ、また会いたいから」
ダルビッシュが涼やかな笑顔で、爽やかな一言を口にした
姉、ダル、ヤムの3人でアドレスを交換するという形ではあったが、
ダルとヤムがメールを交わすことは一生あるまい
解消されたイライラがまたもマックスへ到達し、第4章のスタートです・・・

仕事の都合で迎えに行けなかったとは言え、両親もいつもよりは早めに帰宅
久しぶりに家族揃って共にする夕食、自然と会話も弾む、俺以外は
足早に自分の部屋へと戻り、窓際でコッソリ食後の一服、そしてリセッシュ
最近ではオナニー後に加えてタバコの後にもリセッシュ、減りが早い
そこに姉が登場し、タバコを咎められる
健康を害するから止めろ、とか未成年だから止めろ、とかそんな野暮は言わない
シコタンには似合わないから止めたほうが良い、のだそうだ
そんなことを姉から常々言われていた
どうかな、見た目ヤムチャ・・・いやヤンチャな俺にタバコは似合わなくはないはず
「見た目」で思い出したが、姉とダル、傍から見れば理想のカポーだった
嫌なことを思い出し、イライラついでに再びタバコに火をつける

1Page 2Page

Dirty by the Dozen 1
Dirty by the Dozen1
エンジェルブレイド 3
エンジェルブレイド3
狂気
狂気
特別授業 1
特別授業1
自宅ハーレム化マジック 自宅ハーレム化マジック~好きな場所へ女の子を誘き寄せる
ハーレム状態を作るために一歩も家から出ていない事が最大のポイント。まだ一回も会ったことのない女の子ですら「逢いたい」「抱かれたい」という気持ちにさせてしまう甘い罠。もちろんリアルな出会いに応用できてしまうのも自宅ハーレム化マジックの凄いところ...[続きを読む]
初回の指名で風俗嬢を本番に持ち込みプライベートでもセックスしまくれる~風俗嬢強制依存テクニック~ 初回の指名で風俗嬢を本番に持ち込みプライベートでもセックスしまくれる
昨今の風俗嬢は昔とは比べ物にならないほどレベルが高くなってます。同じ学校にいても絶対に手が届かなかった美人レベルが働いているのが現状です。そんなスタイルも良くて可愛い風俗嬢と素股だけでイイんですか?本番したくありませんか?プライベートでハメまくり...[続きを読む]
映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ
日本男子は元来恥ずかしがり屋です。可愛い子が目の前にいても気軽に喋りかけるなんて無理!だけどそんな事をしているうちに、美人や可愛い娘は他の男に持って行かれます。分かっているけど何も出来ない。そんな日本男子が読んで欲しい!聞いて欲しい!口説きの...[続きを読む]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ